読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下着泥棒された

雑記

私は洗濯ばさみが円上に連なる洗濯物干し(ってなんて言うの)の外側のはさみでバスタオルを筒状につるし、作ったトンネルの内側のはさみで下着をつるす。外から下着が見えないようにして干している。

だいたいは屋内に干すのだが、天気がすこぶるよかったので機嫌良く外に干した。

 

外から見えないし。

部屋は2階だし、通りに面してはいないけど、歩行者からベランダはスコンと見えるし。

 

夜中寝る前に取り込むと、バスタオルのトンネルの中が空洞だった。

バスタオルだけ干すときは、ハンガーに折りたたんで干すので(乾きは悪いがかさばらない方をとる)あれ、と思ったけど、自分のことを信用していない私は、そういう干し方もするかもしれない、と、下着がないとはすぐにはピンと来なかった。

 

下着泥棒されたのは初めての体験なので思いつくリストになかった。

 

タンスの下着を数えて足りないので、自分の記憶と習慣を信じて、夜中だったけど警察と大家さんに電話。

大家さんは迷ったけど、同じ建物内の人で経験ある人がいるか聞きたかったし、注意を促したいのと、一応下着の落とし物がないか確認のため。なかった。

 

だいたい30分後、交番付きのおまわりさん2人、その後刑事課1人、鑑識1人。

 

◎聞かれたこと

・干していた時間帯を正確に

・取られた下着の数、特徴

・下着の時価(!)

・干していた場所を正確に

・部屋の間取り(ベランダとつながらない寝室やトイレ、お風呂もみられた。)

◎雑談内容

・ネットで購入した下着なので、購入履歴をたどれば具体的商品を教えられますけど?

→既製品なので、その情報があっても特定できないから必要ないとのこと。

(ならなんで私はサイズまで詳細に教えなくてはならなかったのか不明)

・なぜ時価?

→事件の規模の表現のため(「時価総額○○円の窃盗」など)とか言われたけど、つまるところ書類に記載欄があるから。

・被害届ってどのくらい保管されるの?

→警察に保管されるから交番の人は知らないって。

 

その後鑑識のひとがベランダで証拠採取したけどあまり期待できないみたい。

ベランダからと外から確認。

その後被害届をだす。積極的な捜査はせず、今後別で捕まった人の証言や証拠として私の被害届と重なる部分が出てこないと、どうにもならないようだ。

所要時間2時間くらいかな。

 

取られたのもいやだし、気に入っている部屋なのに気持ちが悪い。でもやっぱり警察とのコミュニケーションがストレス大きかったな。

自分の下着の特徴を知らない男の人たちに話すのもそうだけど、自分の下着の時価を自分で決めないといけなくて、その意味が全く不明だった。

 

最後に、刑事さんに下着はなるべく外に干してくださいってわかりきったアドバイスもいただきました。

 

勝手に敷地に入られて、勝手にさわり、勝手に下着を持って行かれて、でも大家さんに申し訳ない気持ちになって、警察の対応して時間を使って、新しい下着も買わなきゃいけない。洗濯物も気持ち悪いから洗い直した。

私の場合旦那さんも一緒に対応してくれて助かったけど、1人ですんでたらと思うと、夜中に警察呼ぶのもためらったと思う。

 

犯人今なにやってるのかなあ。

 

 

 

 

2017/2/21 言葉は都市を変えてゆく!

雑記 小沢健二
お昼過ぎに朝日新聞を買いに近くのファミリーマートへ歩く。旦那さんからの依頼で、小沢健二のシングル発売に合わせた広告を手に入れるためだった。
「魔法的」のライブがあまりにも良くて、今でもあのライブを思い出すとわくわくするほど。旦那さんも私も昔から小沢健二は好きなのだけど、今好きな気持ちが再び盛り上がっているところなのだ。
 
おうちですべてめくってみるが見当たらず、朝日新聞で間違いないかと確認したが、間違いないとのことで再度探す。みつけた。想像していなかったモノクロの記事風広告なんと全15段ほぼ文字で埋められている!
 
 f:id:takafukurou:20170222125052j:plain
 
新曲『流動体について』『神秘的』の歌詞と「発売記念モノローグ連作」というエッセイを掲載。
歌詞もさることながら、このエッセイがすてきだった。
 
「アンキパン」にハイレズ・ジャパンを見いだし、ガラパゴス化した日本に賛美を送り、「ショッカー」で慣性の連続性に気づく。すべてはつながっていて、始まりは始まりではなく過去やその他から地続きのものだと、まさにつながった今である息子が発する言葉から読み解く彼は、やっぱりオザケンなのでした。自分に集まる光をすべてキラキラと反射させて輝く若さとはちょっと違って、やさしく柔らかな自然な光とユーモア(でもキラキラはしている)。それでつつまれた彼の強くて優しい思想、言葉。
 
ほんとにすてきな文章でにやにやしながら読了。
 
ちょっとだれかに優しくしたい気分になって、視野欠損の弱視でテキストを読むのに難儀する旦那さんに、私の声で読んだものを音声データで送ってあげようと音読していたら、案外と早く15時にCD買って帰ってきたので、その作業はもう少しで終わり、というところで必要なくなった。
 
買ってきたCDを聞きながら、旦那はいつものようにじっくり時間をかけて、言葉をひとつひとつ目でなめるように、近づけてエッセイを読み、終わると「昔から思っていたけど小澤征爾の文章とよく似ている」と言った。「まさに連続性だね」。
 
カレーを食べて、グランドオートセフトで車や町や人をさんざん壊してぐっすり寝た。